スムーズに引っ越しするなら業者の選定が肝心です。

専門業者を選ぶ基準と注意点

ダンボール

信用できる

大切な荷物を運んでもらう引っ越し業者は、慎重に選ぶ必要があるでしょう。大手業者や、地域で長く営業している業者であれば、信頼性もあるといえますが、事前に評判をしっかりとチェックしておくことが大切です。

料金がわかりやすい

引っ越し前にはいくつかの専門業者に見積もり依頼をすることが多いですが、場合によっては料金に大きな違いが出てきます。明確な料金体系であれば、納得して依頼することができるはずです。

タイミング

新生活が始まる春に向けての季節が、引っ越し業者が混み合うシーズンとなります。混雑する時期は、料金も高くなることが一般的ですので、リーズナブルに利用したい場合は引っ越しをするタイミングに注意するとよいでしょう。

スタッフをチェック

街中で引っ越し業者を見たときには、スタッフの働きぶりをチェックするとよいでしょう。気持ちよくテキパキと仕事をしているような専門業者であれば、安心して任せられるといえます。

相談に応じてくれる

引っ越し業者によってそれぞれ多種多様なサービスがあるため、最適なプランを選ぶだけでも一苦労と感じる人もいます。そこで、料金や運搬作業などのことについて、気軽に相談できる窓口がある業者がおすすめです。

ピアノの運搬に注意

ピアノは大きな楽器で取り扱いにも注意が必要になります。そのため、引っ越し業者では取り扱い不可のことがあります。見積もりの際にはピアノの運搬について聞いておきましょう。

引っ越し準備リスト

まずは見積もり

引っ越し業者は多数あるため、各社の特徴を押さえて最適なプランを検討していきたいところです。一括見積もりサイトを利用すれば、最安値の業者や、希望のプランがある業者を効率的に見つけ出すことが可能です。

片付けをする

不用品処分はできるだけ早めに進めていきましょう。友人にあげたり、リサイクルショップに持っていけばまだまだ使える物もあります。粗大ゴミになると回収方法が地域によって異なるため、必ず確認してから捨てるようにします。

荷造りを始める

ダンボールや梱包材を集めて荷造りを進めていきます。毎日使用している生活用品や衣類などは後回しにして、普段あまり使用してないタンスの中の物から梱包していくとスムーズです。

手続き関係

インターネットや電話回線、電気、ガス、水道などの解約、また、役所での転出届など、引っ越しの際には多くの手続きが必要となります。チェックリストを作って不備のないようにしましょう。

挨拶

近所への挨拶や、転居ハガキを作成して送付することも大切なことになります。郵便局で転送サービスを申し込むのも忘れずに行ないたいものです。「立つ鳥跡を濁さず」でキレイに新天地へ向かいましょう。

よくある質問・疑問【引越し相談コーナー】

当日天気が悪い場合は

雨天でも作業することがほとんどですが、台風など危険な場合は延期となることもあります。各社によって悪天候の場合の対応が準備されています。

運べない物はありますか

業者によって異なりますが、基本的に貴重品や危険物は運べないはずです。ほかにも、ペットや美術品なども難しいことが多いです。ただし、オプションで可能なこともあります。

不用品の回収はできますか

多くの場合、有料で回収してくれるようです。家電リサイクル券を扱っている引っ越し業者であれば、家電も引き取ってもらえます。時間のない引っ越しのときにはとても便利なサービスだといえます。

万が一のとき補償はされますか

限度額が決まっていることが多いですが、荷物の破損やトラブルに対応しているところがほとんです。補償額など事前にリサーチしてから選ぶと安心です。

ダンボールはどこでもらえますか

引っ越し業者が無料でくれることもありますが、有料で販売しています。ほかには、スーパーマーケットなどに行けば、無料でもらえることがあります。

広告募集中